FC2ブログ
TOP

HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトふくしまワークショップ  >>  緊急!3・11から6ケ月 「福島」でワーク開催決定
後藤真プロフィール
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Thu.08.18.2011 Comment. 1 Trackback. 1 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

ふくしまワークショップ

緊急!3・11から6ケ月 「福島」でワーク開催決定

~後藤 真からのメッセージ~

2010年7月11日。マーキーと初のコラボワークが無事終わった。
それからちょうど8ヶ月後が、まさか2011年3月11日にあたるなんて、
あの頃は思ってもみなかった・・・。

福島の「家族」はどこに行ったんだろう?
この国にいま、「対話」は成立しているんだろうか?
いったい、何からだったら始めていけるんだろう?


・・・僕は決めました。
我が故郷、福島でもう一度ワークショップをやります。
今度は中野民夫さん&木下理仁さんという大先輩方とのコラボです。

3・11から6ケ月・・・
  福島(「ふくしま」「Fukushima」「フクシマ」)
   “あの日”から今日までを振り返り、
   “明日”について語り合うワークショップ


      ~ 温泉旅館で、ゆったり、深~く ~

後藤真
木下理仁
中野民夫



詳細はこちらのブログまで
http://fukushimaworkshop.blog.fc2.com/


(以下、転送歓迎)
*******************************

   福島(「ふくしま」「Fukushima」「フクシマ」)で
       “あの日”から今日までを振り返り
            “明日”について語り合うワークショップ

         温泉旅館で、ゆったり、深~く

    ファシリテーター 中野民夫・後藤 真・木下理仁

*******************************

ヒロシマ、ナガサキ、オキナワのように、カタカナで語られるように
なった「フクシマ」。私たちは今、どこにいて、どこへ向かおうとして
いるのか。何を手掛かりに歩いていけばいいのか。

このワークショップでは、フツーの市民がおたがいに「語り合う」
「聴き合う」ことを通じて、今の自分の「立ち位置」を確認し、
一人ひとりが、「次」へ進むための手掛かりを得ることを目指します。

と き 平成23年9月10日(土)14時~ 11日(日)15時
ところ 福島市飯坂温泉 旅館「清山」 ※現地集合・解散
    福島交通飯坂線「花水坂」駅から徒歩5分
    http://www.ceres.dti.ne.jp/~seizan/index2.html
定 員 60名(申込み先着順。但し、福島県以外からの参加者は
     30名までとさせていただきます)
参加費 3,000円(旅行保険料込み)
    宿泊費別途(1泊「3食」付き 9,800円、アルコール代別)
※お菓子、夜食、お酒などの差し入れ歓迎!
申込み 下記アドレスの申込み用フォームからお願いします。
    http://form1.fc2.com/form/?id=681150
    折り返し、参加費の支払い方法等、詳しいご案内を送らせて
    いただきます。

2日間のプログラム、ファシリテーターの紹介等、詳しくは、ブログ
    http://fukushimaworkshop.blog.fc2.com/ をご覧ください。

お願い 宿泊は、男女別で4~5人の相部屋(和室)になります。不
    自由・ご不便な点もあるかと思いますが、あらかじめご了承
    ください。宿泊や移動に際し、何らかの配慮が必要な方など、
    特別な事情がある場合は、「申込みフォーム」の備考欄に記入
    の上、ご相談ください。

    なお、参加者の方には念のため旅行保険に加入していただき
    ます(代金は参加費に含まれます)が、現地での放射線の影
    響および安全性につきましては、各自の責任でご判断の上、
    ご参加いただきますようご理解の程お願いいたします。

主 催 ふくしまワークショップ実行委員会
ブログ http://fukushimaworkshop.blog.fc2.com/
問合せ E-mail fukushimawsec@gmail.com
    TEL:090-2954-3111(事務局:阿部)

*******************************







「呼びかけ人の想い」

2011年3月11日に発生した大地震、津波、
そして福島第一原子力発電所の事故と放射能汚染は、
東日本の広い範囲にわたって甚大な被害をもたらし、
1万5千人以上の人々の命を奪うとともに、多くの悲劇を生み、
今もなお、それは続いている。
今回の経験は、日本に住む私たちに非常に大きな衝撃を与え、
これまでの社会・経済のあり方、一人ひとりのライフスタイル、
価値観を見直す契機ともなった。

 特に福島県は、これまでに経験したことのない重大な原発事故が
起きたことにより、放射能汚染、風評被害に見舞われ、
先の見えない不安にさらされている。
日本には、ヒロシマ、ナガサキ、オキナワと、カタカナで語られる地名が
3つあったが、そこに今回、「フクシマ」が加わった。

福島の人々は今、
否応なしに時代の最前線、世界の最前線に立たされている。
カタカナで語られるようになった「フクシマ」が、
「チェルノブイリ」のように、もっぱら悲劇の代名詞として
記憶されるようになるのか、それとも、ヒロシマやナガサキのように、
過去の悲劇を乗り越えながら、新たな価値に基づく世界を築いていくためのメッセージを発信する拠点となるのか。
それが今、問われている。

 福島には、海、川、山、湖のとても豊かな自然がある。
農業や漁業を生業とする人々の暮らし、そこに生まれた食文化、
各地に受け継がれてきた伝統的な祭りや文化、
人々が誇りとする歴史の息づく地方である。
福島の人々は、心から「ふるさと・福島」を愛している。
その福島を、悲劇の地、「帰れないふるさと」にしてはならない。

 今年、福島県で初めて開催された原水爆禁止世界大会では、
「脱原発」の姿勢が打ち出され、福島県の原水協もまた、
「脱原発」を宣言するなど、福島から全国へ向けて、
さらには世界へ向けてメッセージを発信する動きが出てきている。

 しかし一方で、「まだ、そこまで考えられない」「気持ちが揺れている」
という人々が多く存在していることも事実である。
被災して避難生活を余儀なくされている人たちの中には、
「あの日」から5か月が経った今も、気持の整理がつかず、
前向きになれない状態が続いている人も少なくない。

7月初め、郡山市で行われたワークショップで、
福島県の各地から集まった参加者に、3月11日に経験したことや
「今の気持ち」を語ってもらったところ、
「やっと人に話すことができた」「気持ちが楽になった」
という人が多かった。
リラックスして話のできるワークショップが、その人の気持ちを開放し、
気持を整理して、「次」を考える余裕を与えたのだと言えるかもしれない。

 福島で今、必要とされているのが、
そうした「思いを語り合う」場ではないだろうか。

「あの日」から半年を迎える9月11日には、
全国各地で、被災者支援のイベントや、脱原発を訴える集会やデモ、
専門家によるシンポジウムなどが行われるであろう。
テレビでも、これまでの6ヵ月間を振り返る特集番組が
放送されるかもしれない。

しかし、そこには、ふつうの市民が、今なお抱えている不安や迷い、
気持の揺れをそのまま語ることのできる場は少ない。

 「脱原発」などの明確なメッセージを訴える集会やデモに
参加するかどうか、二者択一の答えを出せずにいる人に、
まずは、自分の思いを素直に語ることのできる場をつくりたい。

ファシリテーターである我々と周りにいる仲間たちにできることは、
福島で、福島の人たちと共に、
“あの日”から今日までを振り返り、“明日”について
語り合う場を作ることではないかと考える。



ふくしまワークショップ実行委員会



スポンサーサイト
Comment

セシウム報道でセシール(cecile)CMが減った?

靜岡県民ですが、私の第二の故郷である福島県郡山市は母校の日本大学工学部があり、恩師や友人や知人も多く居住している。こうした東北、福島県の被災地復興を願ってやみません。
Trackback

-

管理人の承認後に表示されます
Trackback URL
Comment form
管理者にだけ表示を許可する

青木将幸プロフィール
Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。